西船南口整体院

西船橋カイロプラクティック

Telephone icon

047-402-3915

平日10:00~21:00 土日・祝10:00~20:00 定休日:木曜日

当院について

施術コース

料金

よくある質問

予約について

お客様の声

お知らせ

通販ページ

\当日予約OK!/
お電話ですぐに予約する
\LINEからも予約可能/
WEBからすぐに予約する

お知らせ

2022.05.16
整体×ファスティング
糖質を摂りすぎると痛みが取れない?

こんにちは。
皆様の体の痛みの原因は、単なるあ糖質の取り過ぎによる糖化が原因なのかもしれません。
という話があったのでシェアします。
【体の軟骨は無血管細胞で、酸素の供給はほとんどないので、解糖系主体の細胞でグルコースの運び屋GLUT1が存在し、グルコースを取り込みます。
過剰な糖質の摂取で、己の限界を超えたグルコースが血中を漂い、関節液にも高濃度のグルコースが、含まれることになります。
軟骨のGLUT1の習性はとにかくグルコースを取り込むことにあるから、軟骨細胞の細胞において、グルコースの取り込みが進行る。そして、時間の経過とともに、軟骨の糖化が進行します。】
少々難しい話ですが、
関節痛に悩む方のほとんどが糖質三昧人間です。
白米大好き、麺類大好き、果物大好き、甘いもの大好き、お菓子大好き、日本酒やビールやワインが好きな人なのです。
そんな人は関節部の軟骨の糖化が進行し、それらの水分が奪われ柔軟性やしなやかさが失われ、可動域が狭くなり硬化した軟骨部は
砕けたり、糖化して、周囲の神経を刺激して痛みを発症し、炎症を促進します。
関節は一度壊れると正直修復は時間も、本人の努力も大変だと思う。
治らないわけではないが、痛みを取るのが容易ではないです。
この痛みの原因が糖質の摂取であることにほとんどの人が知らないし、お医者様も言わないのです。
関節は痛いけど、内臓は元気だからと言っていっぱいご飯を食べて股関節やら膝やら肩やら腰やらの糖化を促進させます。
ケーキや果物や団子やれビタミン補給のために果物ジュースだのと健康や栄養やストレスにいいと思い食べているものが何と糖尿病や癌のリスクをあげてしまうことがあります。
糖質の最終代謝物としてペントシジンという物質に変わります。
コレは痛みの物質ですので単純に糖質過多は痛くなります。
慢性痛の方に簡単に糖質制限を入れると
劇的に良くなる人が実は多くいます。

【コロナウィルス対策実行中】

消毒と換気、マスク着用、アルコール消毒の徹底。お一人お一人必ず行っています。
他の方と会わないシステム、一人整体院で広い個室空間で安心。

 

では。

こちらも併せてどうぞ<m(__)m> 

     ↓↓↓↓↓  フォローおねがいします!

https://www.instagram.com/nishifuna_chiro/?hl=ja

インスタグラム

https://ameblo.jp/nishifuna-chiro/

以前運用していた院長ブログ

http://nishifunachirokaatsu.blog.fc2.com/

以前運用していた加圧ブログ